ゴールの共有化

ゴールの共有化 · 2018/02/26
1936年(昭和11年)2月26日に陸軍皇道派の青年将校役1500人がクーデターを起 こしました。当時の岡田啓介首相邸、高橋是清大蔵大臣邸、鈴木貫太郎侍従長邸 などを襲撃しました。 彼らの動機は、同時の世界恐慌の中で長引く日本の不況とそれによる貧窮する農村 の原因が天皇の側で権力を行使する政治家と特権階級の一部企業家の癒着にあると...