指示の出し方と受け方

南北朝時代の建武3年(1336年)5月25日、湊川の戦いにて敗れた楠木正成が弟の楠木正李 と刺し違えて自害しました。 楠木正成は南朝の後醍醐天皇に仕え、鎌倉幕府、足利尊氏が仕える北朝と最期まで戦い抜 き、死んでいきました。後醍醐天皇への忠義ぶりから江戸時代の水戸藩における尊王思想 では、日本一の忠臣として尊敬されるようになりました。...