中期経営計画

中期経営計画 · 2018/07/17
慶応4年7月17日(1868年9月3日)、明治天皇の詔勅により江戸が東京(とうけい)と改称されました。 王政復古の大号令により天皇を中心とした政治体制とし、これまでとは全く違った世の中にしていくことを庶民に知らしめる手段として、都を移すことが検討されました。 当初は、大阪(大坂)が新しい都の候補地として挙げられていました。海外との往来 が増えていくことを考えると、内陸にある京都よりも大阪湾に近い大阪が適している と考えたようです。 大阪への遷都に対して、薩摩藩で蘭学教師をしていた前島密は江戸遷都論という建白書を大久保利通に提出しました。前島密が言うには、すでに大阪は商業の都市として繁栄しているが、今でこそ世界的にみても大都市となっている江戸は、帝都としての機能がなくなれば人は離れていき、廃れてしまうだろうとのことでした。 また、東京は大阪に比べて土地も広く、各省庁を設置するにしても旧大名屋敷を活用することができるため、無駄が生じないということも東京を推す理由になっていました。
中期経営計画 · 2018/06/28
天保8年6月28日、浦賀沖に現れたアメリカ商船のモリソン号が幕府の異国船打払令により砲撃を受けて引き返すという事件が起きました。 その16年後にはペリー率いるいわゆる黒船が日本に開国を要求するために来航しました。 1800年代に入ってから諸外国が日本近海に出没するようになり、開国要求をしてきている中で江戸幕府は無視をし続けました。 自分たちを取り巻く環境が確実に変わりつつあることを見ないようにしてきたということです。 企業においては、環境変化に対していかに対応していくことができるかが重要となります。その指針を明示したものが中期経営計画となります。 環境変化を無視したままで自分の良いように事業計画を描くのでは、その意味はまったくなくなります。
中期経営計画 · 2018/05/07
慶長20年(1615年)5月7日、大阪夏の陣にて大阪城が落城しました。関ケ原の戦い で家康が率いる東軍が勝ったのが慶長5年(1600年)、家康が征夷大将軍に任命され たのが慶長8年(1603年)、徳川秀忠に将軍職を譲り、今後は徳川家が征夷大将軍と して天下の政を継承しておこなっていくと世に知らしめたのが慶長10年(1605年)で す。...
中期経営計画 · 2017/11/28
1520年の今日はポルトガルの航海者マゼランがマゼラン海峡を抜けて太平洋に到達した日だそうです。                                                                             太平洋という名は英語では Pacific Ocean となり「穏やかな海」という意味があります。太平洋は「太」、大西洋は「大」という字を使っているのは、太平洋は平和を意味する太平から、大西洋はヨーロッパ大陸の西にある大きな海ということから大きな西の海を意味する名前をつけたとのこと。 10数年前にブルーオーシャンと言う言葉がはやりました。ブルーオーションは競争相手が少なく、自社が優位に活躍できるような市場ということです。逆にレッドオーシャンとは、競争相手が無数にいて、互いに価格競争をしながら疲弊をしていく市場を意味していました。 バブル崩壊後、日本はデフレに悩まされています。レッドオーシャンの中で互いに安売り競争に明け暮れた結果だといえるかもしれません。日本の生産性は低いと言われています。